株取引に関する用語集 | 株 シミュレーション ソフト | 株初心者からプロ投資家を目指す方の株取引練習シミュレーションソフトならビギナーズストック

株取引に関する用語集

あ行

上げ相場
上げ相場とは、株価が上がっていくことをいい、上昇トレンドと同じ意味となります。
反対語=下げ相場
陽線・陰線
陽線は白、陰線は黒で表す。
陽線・陰線
売り気配
買いより売りが一方的に多く、値のつかない状態。
反対語=買い気配
売りつなぎ
持ち株の値下がりを信用売りの利益で補うこと。
売り乗せ
信用で売っている同じ銘柄に、追い討ちをかけるように売りを増やすこと。
上放れ
ポンと、値が飛ぶように高くなること。
反対語=下放れ
押し目
上げ基調の相場で、一時的にちょっと下がることをいう。
かなりベテランの人でも誤解している人がいるが、下げが全て押し目と言う訳ではない。
大底
株価が下落して、これ以上は下がらないと思われる安値になった所。
終値・引け
立会時間中についた最後の値段。
前場でついた引け値を「前引(ぜんび)け」、後場でついた引け値を「大引(おおび)け」

か行

買い戻し
信用で売っていた株を買い戻して決済すること。
空売り
自分が所有していない、あるいは所有していても、それを使わないで株券を他から借り入れて売却すること。
空売りには株価下落を狙った投機的なものと、株価下落に対する保険の為のつなぎ売りとに分けられる。予想通り株が下がれば買い戻しを行い利益を得られる。
逆張り(ぎゃくばり)
逆張りとは、上げ相場の時は売り、下げ相場の時は買いと市場人気に逆らう投資法。
反対語=順張り
玉 (ぎょく)
株のこと
玉帳
株の売買(トレード)の記録をつける帳面のこと。
記録するのは約定値、約定株数、確定損益など。

さ行

下げ相場
下げ相場とは、株価が下がっていくことをいい、下降トレンドと同じ意味となります。
反対語=上げ相場
指値注文(さしねちゅうもん)
注文を出すとき、値段を決めて注文すること。
ザラバ
ザラバとは、寄付き(9時)と引け(15時)の間のこと。(昼休み11時~12時30分)
三角保ち合い(さんかくもちあい)
三角保ち合いとは、株価がほぼ横ばいを続けながら、上下幅が徐々に狭まって行き、三角形になるチャートパターンを言う。
経験則的に保ち合いを放れた方向に株価は動きやすい。
三段上げ
株価が3つの上昇の波を作って上げること。
信用取引
証券会社に一定割合の証拠金を預けて、買い付け資金を借りて株を買ったり、株を借りて売ったりすること。
一般に、証拠金の3倍くらい の取引ができるので、元手に比べて大きな売買損益が発生する。
ストップ高、ストップ安
証券取引所が定めた1日に変動できる値幅制限いっぱいまで株価が上昇したときをストップ高、下落したときをストップ安という。
損切り
損失を抱えた銘柄に見切りをつけ、損を覚悟で売却すること。
底値
株がこれ以上は下げないだろうと思われる安値のこと。
週足
1週間(5営業日)の値動きをローソク足1本で示した株価チャート
【関連項目】
《日足》1日の値動きをローソク足1本で示した株価チャート
《月足》1か月の値動きをローソク足1本で示した株価チャート
塩漬け
値下がりした株を、見切らずに長期間保有すること。
底入れ
相場が下がるだけ下がって、それ以上、下がらなくなること。
底練り
下げ止まった株が、やや長い期間横ばいとなること。
安値で横ばい状態が続くと、売り物が出尽くすことになり、次の値上がりの準備期間となる。底練りが済んだ株は強い。

た行

高値
取引市場で、1日とか1か月といった一定期間のうちでついた最も高い値段。
単元株数
購入に必要な最低株式数のこと。
売買は基本的には単元株数単位となる。1単元の株数は、株式を発行する企業が自由に定めることができる。
地合い
相場の状態を指す。 地合いが良い、悪いという。
前の高値・前の安値
相場は上げ下げしながら上がる、上げ下げしながら下げる。
したがって前の高値、前の安値には注意を要する。
建玉(たてぎょく)
信用取引や先物取引などで、決済されていない株のこと。
月足
1か月の値動きをローソク足1本で示した株価チャート
【関連項目】
《日足》1日の値動きをローソク足1本で示した株価チャート
《週足》1週間(5営業日)の値動きをローソク足1本で示した株価チャート
つなぎ売り
つなぎ売りとは、手持ちの株が値下がりしそうな時、信用取引を利用して、その銘柄や内容の似ている銘柄を空売りすること。
それにより持ち株の値下がり分をヘッジできる。
低位株
株式相場の平均的な価格に比べ安い水準にある株のこと。
手仕舞い(てじまい)
信用取引で売り建玉、または買い建玉を反対売買して決済すること。
出来高(できだか)
出来高とは、取引所で売買が成立した株数。
1000株の売り買いが成立したら出来高は1000株となる。
天井
ある期間の株価が一番高いところ。
ドテン
ドテンとは、買ってた人が売りに、売ってた人が買いに方針を一変すること。

な行

成行注文
値段を指定せずに出す注文。指値注文に優先して売買が成立する。
難平(ナンピン)
持ち株が買った値段より下がったとき、そこでその銘柄を買い増し、買値の平均を下げる。
空売して思惑に反して上がってしまった場合は、売り乗せて売値の平均を高くすること。
伸び悩む
上昇を続けてきた株が動きが鈍くなり、上昇しなくなること。

は行

場帳
トレードする銘柄の株価の推移を記録していく帳面。
要するに株価の時系列データのこと。
記録するのはトレードする銘柄に関する始値、高値、安値、
終値など。
日柄(ひがら)
日数のこと。
髭(ヒゲ)
ヒゲとは、ローソク足(実体)の上下に飛び出ている細い線の部分をいう。
一般的に長い上ヒゲは上値の重さを暗示し、長い下ヒゲは下値の堅さを暗示する。
ヒゲ
《ヒゲ》ローソク足の上下の細い線。
《上ヒゲ》上に出ているヒゲ。上ヒゲの先端が高値。
《下ヒゲ》下に出ているヒゲ。下ヒゲの先端が安値。
始値・寄付(よりつ)き
9:00amに場が始まってから最初に成立した取引でついた値段。
後場でついた始値は「後場寄り」と言う。
ボックス圏相場
一定期間、一定の値幅の間で株価が上下する相場の状態。
日足
1日の値動きをローソク足1本で示した株価チャート
【関連項目】
《週足》1週間(5営業日)の値動きをローソク足1本で示した株価チャート
《月足》1か月の値動きをローソク足1本で示した株価チャート

ま行

窓を開ける
ローソク足の間にできた空白のこと。
株価が大きく動きだすサインでもある。
保合い(もちあい)
相場が動かない、または動いても小幅な上げ下げにとどまっている状態。
保合い放れ
長く保合い状態だった株が、上下どちらかに大きく動き始めること。
もみあい
相場が小幅な値動きを繰り返すこと。
「保合い」より短い時間枠で使われる。

や行

安値
取引市場で、1日とか1か月といった間のうちでついた最も安い値段。
寄り付き
立ち会いの最初をいう。
前場・後場にそれぞれ寄り付きがあるが、ただ「寄り付き」といえば、前場の寄り付きのことを指す。
後場については「後場寄り」というのが一般的。

ら行

両建て(りょうだて)
同じ銘柄で、買いと信用売りを同時に行うこと。
ローソク足
株価の値動きを記録したもので、始値、高値、安値、終値で表される。
株価の推移を見るときに日本で最もよく使われている。
株価の動きをグラフ化したものをチャートと呼ぶが、代表的なものがローソク足である。時系列チャートの一種である。
ローソク足という名前は、株価の動きをローソクそっくりの形で表すことからきている。
ローソク足は、1日の株価の「始値」「高値」「安値」「終値」の4つの値段をあらわしている。
ローソク足

ビギナーズストックをより多くの方々に知っていただくために基本無料で設けました。

株取引専用の練習シミュレーションソフト(特許願2010-149616)を使って過去の銘柄に遡って予想できます。

株取引専用の練習シミュレーションソフトは、実際に利益を出し続けている個人投資家の意見をふんだんに取り入れたシンプルでリアルなシミュレーションソフトです。

会員登録(無料)はこちら

※メールアドレスをご送信ください。折り返し登録URLをお送りいたします。

※ご入力いただいた個人情報(名前、住所、電話番号、メールアドレス)は弊社にて厳重に管理し、弊社からのイベントセミナー情報のご案内、営業活動に利用させていただきます。それ以外の目的に使用することや、提供・開示することは一切ありません。

※hotmail、live.jpアドレスで、メールが届かないというトラブルが多発しています。hotmail、live.jpアドレス以外のアドレスでのご登録をお勧めします。

PR
バナー広告のお問い合わせはこちら
  • 無料体験登録
  • よくあるご質問
  • お客様の声

株式ランキング

バナークリックお願いします!

株式投資ランキング 株式投資

リンク

ページの先頭へ